兼業が多い行政書士

行政書士に多い兼業

いわゆる士業の事務所は、「弁護士事務所」「税理士事務所」のように、単一の資格で仕事をしているところが多い。
しかし中には、「税理士兼行政書士」「司法書士兼行政書士」のように、2つ以上の資格を看板にかかげている事務所も少なくない。
少なくない・・・どころか、とてもたくさんある。

多くの事務所が、行政書士と他の業務を兼業しているのが実態である。
他の業務とは、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士などで、この4つは特に、行政書士との兼業が多い職業だ。
「行政書士と××士」というふうに兼業している人達の多くは、行政書士以外の資格を先に取り、行政書士資格を後から取った人だと思う。

(もちろん、逆に、行政書士資格を先に取る人も、たくさんいると思います。)
他の資格があるのに、行政書士を兼業するのは、それなりのニーズがあるから。つまり、許認可申請などに代表される行政書士業務を、既存の顧客から頼まれるからだと思われる。

なぜ兼業するのか?

税理士や社会保険労務士といった仕事は、会社と顧問契約を結ぶことが多いため、顧客である会社とのつきあいが深くなりやすい。
そうした会社から、「××許可を取ってほしい」「××許可の変更申請をしてほしい」といった要望が出てくることは、実際に多い。
この理由で、行政書士を兼業する税理士や社会保険労務士はたくさんいる。

司法書士や土地家屋調査士も同様で、本業に付随して出てくる仕事が行政書士業務であることが、往々にしてある。
だから、わざわざ行政書士試験を受けてでも、行政書士業務を兼業をする意味があるのである。
それに税理士の場合は、税理士資格の中に行政書士資格がセットされているため、行政書士登録さえすれば、すぐにでも兼業を始めることができる。
しかし、こうしたダブルライセンスにはデメリットもある。
次のページでは、ダブルライセンスのメリットとデメリットについて、みていこう。

>>行政書士の業務が分かるインタビュー(提供:フォーサイト)