行政書士と司法書士 登録の費用は高い?安い? 

行政書士も司法書士試験も、試験を無事にクリアできたら、やっと堂々と「○○書士」として名乗れる立場になれる。

しかし試験の合格通知が届いたら、その時点で名乗ることが許されるわけではない。登録手続きが行政書士にも司法書士にも必要だからだ。

行政書士の登録費用
行政書士の世界は都道府県単位で、あらゆる活動が分けられている。
そこでそれぞれの県単位の書士会に登録費を払うものだと考えてよい。

肝心のその金額だが、都道府県ごとに微妙に変わる、ただし少なくとも20万円、高いと30万円はかかるものと思ったほうがよい。

いちばん金額がかさむのは入会金。これは平均すると20万円くらいになるはずだ。15~25万円くらいの幅があるようだが。
それ以外に、登録手数料や登録免許税があるが、これらを足すとだいたい5万円前後になるだろう。あとは会費を3ヶ月くらい前払いしたり、行政書士のバッジを購入したりで、結局20~30万円くらいになるのだ。

司法書士の登録費用
司法書士の登録費用も、実は行政書士と同じくらいかかる。すぐに払うかどうかは別としても、全部を足し算するとだいたい30万円くらいになってもまったくおかしいことはない。

・入会金
・年会費の前払い
・登録手数料
・登録免許税
このうち、登録手数料や登録免許税は行政書士のそれとあまり変わらない。両方の合計でだいたい5万円くらいになる。
実は司法書士の場合、入会金は数万円しかかからない。高くても5万円くらいだ。しかし会費がかかる。月会費の時点で2.5万円くらいするので、年間で30万円くらいになってしまうのだ。
もちろん、書士のバッジやら何やらで、こまごまとお金を取られることも忘れてはいけない。その点は行政書士と大差ないのだ。

行政書士・司法書士ともに登録の費用は安いとは言えない。合格後にそれをどうやって賄うかを早めに予定しておくのも悪い考えではないだろう。

≪ 前の記事へ    次の記事へ ≫


>>行政書士の業務が分かるインタビュー(提供:フォーサイト)