行政書士と司法書士 独学を選んで受けたときにどうなるか

司法書士・行政書士はともに難易度が高い資格に数えられている。行政書士の試験問題は司法書士のそれと比べるとだいぶ難易度が下がるのだが、それでもいい加減な気持ちで受験したら絶対に受からないことは間違いない。

これらの試験は、質の高い勉強法を選ばないと合格は実現困難になるのだが、ときどき無謀な勉強法を選ぶ受験者が出ている。それは、独学で合格しようとする受験者だ。

独学のいいところは、費用があまりかからないことだ。人に習うなら受講料や授業料といった名目で報酬を払わないといけないが、それがカットされる。教材を自分で買うくらいしか、費用が掛からないというメリットは、独学希望者にとってはこの上なく魅力的に映るものらしい。あとは、勉強する時間ややり方を自由に決められるというメリットも大きいだろう。

だが、行政書士や司法書士クラスの高難易度試験を受けるのに、そのようなことをするのは果たして意味があることだろうか? 合格率が何十%もあるような試験だったら、独学で受けても悪くないだろう。しかし行政書士も司法書士も、毎年合格率が10%を超えない難関の試験を受けることになる。それなのに独学で受けようとするのは、失敗するリスクが大きいとしかいいようがないだろう。

失敗したら、それまでに費やした学費は、少なかったとはいえ無駄になる。もちろん、独学した時間全ても無駄になる
最初にいくばくかの費用が掛かっても、受かる確率が上がる勉強法を選んだほうが費用対効果で判断するなら得策ではないだろうか。

≪ 前の記事へ    次の記事へ ≫


>>行政書士の業務が分かるインタビュー(提供:フォーサイト)