行政書士と司法書士になってから就職するとしたら

行政書士と司法書士は、事務所を開くなどして働くために制定されているような資格だ。
実際に、試験に受かって登録手続き等を終わらせたのちに、どこかに就職したという話はどちらの資格についてもあまり聞かない。

■行政書士の就職
行政書士の有資格者を募集する企業があるという話はまずないだろう。考えられるのは企業の法務部等だが、求人等が出ている様子はあまりないのが現状だ。

ただし、行政書士法人等に就職先を見つけるというケースなら考えられる。
もっともこれも、求人数そのものはかなり少ないだろう。

■司法書士の就職
企業の法務部であれば、司法書士の有資格者を就職させてくれる可能性は考えられるが、やはり高い可能性ではない。ただし行政書士よりは多少有利になっても不思議ではないだろうか。

これまた、司法書士事務所等が新人司法書士を雇ってくれることならある。いきなり開業するのは心細いという合格者もいるから、確かに合理的な手段となる。

■行政書士・司法書士の全体的な就職状況
行政書士と司法書士の資格を手に入れたら、基本的にどこかの組織に所属して定年までお世話になるという働き方は、かなり少ない。
企業の法務部のほか、予備校等の講師や製作スタッフになるという手もあるだろう。ただし講師については、正社員ではないことが多いようだ
開業を目指しているものの、ある程度修業する期間がほしいという場合なら、人様の事務所に就職させてもらうという手はある。チャンスがあるならチャレンジするのはおおいにアリだろう。ただし、前述したように狭き門だから、時間をかけて事務所探しに励む必要があるだろう。
もともと就職活動というものは時間がかかるのが常だし、行政書士や司法書士の合格者の場合もその部分は変わらないというわけだ。

≪ 前の記事へ    次の記事へ ≫


>>行政書士の業務が分かるインタビュー(提供:フォーサイト)